せっかくの結婚指輪、きちんと選びたいですよね - 結婚準備ガイド 指輪編

せっかくの結婚指輪、きちんと選びたいですよね

これから結婚を控えているカップルにとって、結婚指輪はとても重要な意味を持つアイテムであり、どんなものを用意するのか慎重になる部分も多いと思います。
結婚指輪は愛を誓い合った証となるものですし、カップルにとっては気合いを入れて選びたいと思うのも無理はありません。

これまで、結婚指輪と言えば高級ブランドショップで既製品を購入するのがスタンダードだとされてきましたが、近年はその傾向が少し変わりつつあって、自分たちも作業工程に加わった手作り指輪を用意したいと考えるカップルが増えてきているそうです。
高級ブランドショップで販売されている既製品も職人が手を加えた言わば手作り指輪になるのですが、既製品の場合はすで金属や石、デザインも決まっている状態なのでそこに物足りなさを感じるのでしょう。

それでは、自分たちの手を加えて作れる手作り指輪を用意するためにはどんな手段があるのでしょうか?
ここからは手作り指輪を作るための手段を紹介しますので、これから結婚指輪を作りたいと考えているカップルの方は参考にしてほしいと思います。

まずひとつめにあげられるのがオーダーメイドという方法で、オーダーメイドはあらかじめどんな金属を使うのか、どんな石を入れてデザインはどうするのかを決めていきます。
使うことができる金属や石はお店によって異なりますし、デザインのバリエーションや加工法もお店によって差がありますので、あらかじめ確認しておいたほうが良いかもしれません。

オーダーメイドと聞くと高級ブランドショップが頭に浮かびますが、もちろん高級ブランドショップでも可能ですし、オーダーメイドを専門にしているお店もありますのでどれくらい予算があるかによって決めてください。
高級ブランドショップでオーダーメイドする場合は一流の職人がしっかり手作業で作り上げてくれますし、高級ブランドの名前が入る分指輪そのものに箔が付きます。
もともと好きなブランドがあるなら結婚を機にそういったものを用意するのも特別な感じがしますし、満足できるものが作れると思います。

しかし、高級ブランドショップでオーダーメイドする場合は直接自分たちの手を加えて作るのではなく、決められるのは金属や石、加工法やデザインまでで、ここを打ち合わせの段階で決めた後は出来上がりまでブランド側に任せることになります。
ですから、自分たちの手を加えた手作り指輪を用意したいというのであれば、やや目的とずれてしまいますので満足できないかもしれません。

さらに高級ブランドショップでオーダーメイドするとなると気になるのが値段で、これは既製品を買うよりも高くなってしまうのは間違いありません。
一般的に高級ブランドショップで指輪を用意する場合、15万円から30万円程度が相場だと言われていますから、その額は20代~30代の若い世代の給料1ヶ月分相当になります。
ひと昔前までは給料の3ヶ月分の指輪を用意するのがステータスとなっていた時代もありましたが、現代の若い世代は見栄を張るよりも無理をせずに現実的な値段のものを用意して、ほかにお金をかけたい部分にも回すというカップルが多いです。

そう言った意味で今とても注目されているのが専門の工房を利用した指輪づくりで、これは自分たちも実際に作業工程に参加できるだけでなく本格的な手作り指輪を低コストで作成することができます。
なぜ低コストで作れるかというと、単純にブランド料がかからないこと、さらに自前の工房で作るので作成コスト自体がそれほど高くないからです。

専門の工房って言ってもクオリティは高級ブランドショップのものには負けるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そういったところでは金やプラチナなどを使った本格的な手作り指輪が作れるところも多く、仕上がりは高級ブランド顔負けだそうです。
コストも安いところだと3万円~5万円程度でできますし、デザインにこだわったとしても10万円あればかなり良い手作り指輪が作れるはずです。

またメリットはそれだけではなく、一緒に作ったということも後々大きな思い出となって残ります。
結婚指輪の場合、日常的に身に付けることも多いですから、その指輪を見る度に一緒に作業をして作り上げたことを思い出すでしょうし、そのことについてふとしたときに語り合えます。
何気ないことかもしれませんが、そういった時間はある程度年齢を重ねるとより重みのある時間だったと実感できますし、その都度愛情を再確認できるでしょう。

もちろん高級ブランドショップでオーダーメイドしたものも、素晴らしいものですし手作り指輪としてのクオリティはとても高いものがありますから、この点は二人でよく話し合って決めてください。
インターネット上にも結婚関連のサイトや結婚指輪に関するサイトが数多くありますので、そういったサイトから必要になりそうな情報を調べてみるといいかもしれません。
自分自身の力で結婚指輪などを手作りする方法も悪くないです。
手作り指輪工房はこちら→手作り 指輪

新着情報

結婚指輪購入口コミ「シルバーのシンプルな指輪」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

2

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

旦那は9万、妻は15万

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

結婚指輪はずっと身につけておくものなので、飽きのこないシンプルなデザインに憧れていました。

装飾もほしくなく、本当にシルバーのシンプルな指輪をイメージしていました。

彼がどうしても私のものにはダイヤを一粒でもつけてあげたいと言ったので、一粒だけつけてもらいました。

指輪のブランドなども調べてなく、あまりこだわりもなかったので、よくCMでしている銀座ダイヤモンドシライシにしました。

元々シンプル希望だったので予算も低予算で抑えられました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「シルバーのシンプルな指輪」』

結婚指輪のクリーニングについて

結婚指輪とクリーニング

これから結婚指輪を選ぶときにはクリーニングの必要性についてもあらかじめ確認しておくといいです。

金属製の指輪も毎日使っていると汚れが付着しますし、場合によっては傷がつくこともあります。

硬い金属製の指輪でも傷がつかないわけではありません。

また、プラチナやゴールドは比較的柔らかい素材になっており、純度が高いほど傷もつきやすく、クリーニングも慎重に行う必要があります。

このように結婚指輪もクリーニングが必要ですから、それをふまえて素材やデザインなど選ぶといいでしょう。

≫ 『結婚指輪のクリーニングについて』

結婚指輪購入口コミ「どこへでもつけて行けることが気にっています」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚6年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

18万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

夫も私も山田孝之さんと綾瀬はるかさんが出演していたドラマ「白夜行」が大好きで、そのドラマで使われていた「スタージュエリー」で買うことにしました。

百貨店等の店舗で取り扱いがありますが、表参道ヒルズにある店舗で購入しました。

デザインはシンプルでどんな服にも合わせやすく、突起物が少ないデザインなので、日常生活にも支障なくつけやすいものを選びました。

予算は20万以内と思っていましたが、その価格では他のブランドショップでは種類が選べないですが、比較的低価格なので数種類の中から自分の好きなデザインを選ぶことができました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「どこへでもつけて行けることが気にっています」』

結婚指輪の材料

結婚指輪の材料

結婚指輪を選ぶときに材料も自分で選べる場合は多いです。
まったく同じデザインの指輪でも材料が違うと雰囲気が変わりますから、それぞれの仕上がりを見て一番気に入ったものを選べるのです。
また、材料によって特徴も変わります。
それを含めてどれにするかを決める方も多いです。

結婚指輪でよく使われる材料

結婚指輪で非常によく使われる材料が二種類あります。
プラチナとゴールドです。
どちらも希少価値が高く、結婚指輪の素材に使うにはぴったりですから、多くのショップや工房でこれら二種類は選べることが多いです。

なお、ゴールドは純金のゴールドではなく、別の素材を足したゴールドの中で選ぶ形となりがちです。
ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドなど、足した別の素材によって色合いも変わっていることが多いですから、好みの色を選ぶといいでしょう。
プラチナの場合も色は変わっていませんが、純度100%にすると強度が弱まるため、別の素材が使われていることが多いです。

このような特徴があるのですが、どちらも結婚指輪の定番の材料となり、これらが選ばれるケースもかなり多いです。
どの材料にすればいいかわからなかったり、特に希望がなかったりするときはプラチナかゴールドにするといいでしょう。

ほかにも選べる結婚指輪の材料

定番となる材料以外のものだと、たとえばジルコニウムといったものがあります。
強度が強くて頑丈な指輪になるほか、加工によって鮮やかな色に発色させられるのが特徴です。
金属アレルギーの方にもおすすめの指輪です。

チタンという材料もあります。
非常に強度が強い材料になり、完成した結婚指輪も頑丈になります。
さらに軽い素材ですから、軽い指輪を希望する方にはおすすめです。
ジルコニウムのように特殊な発色も可能ですし、金属アレルギーも起きにくい材料です。

タンタルという材料もあります。
大きな特徴はその色で、この素材で作ると黒い指輪となるのです。
プラチナやホワイトゴールドのような白い指輪ではなく、シックで落ち着いた黒い指輪が欲しいならタンタルを選ぶといいでしょう。
このように結婚指輪の材料にはいろいろなものがあります。

結婚指輪購入口コミ「店員さんを信じて買って良かったです」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚3年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください。(お二人それぞれの価格)

夫11万円、妻12万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください。(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

決め手は、デザイン、ダイヤモンドの品質、アフターサービスの充実、予算内で収まったこと、店員さんの対応の良さ、全てに一番満足したことです。
あちこちショップ巡りをしましたが、予算オーバーした指輪ばかりを薦めてくるお店や、デザインはいいけれどサイズ直しやアフターサービスがあまりよくないところもありました。
私は気に入ったものを長く大切につけていたいと思っていたので、デザインだけ、ブランドだけではなく、総合的に見て一番良かった所に決めました。
≫ 『結婚指輪購入口コミ「店員さんを信じて買って良かったです」』