せっかくの結婚指輪、きちんと選びたいですよね - 結婚準備ガイド 指輪編

せっかくの結婚指輪、きちんと選びたいですよね

これから結婚を控えているカップルにとって、結婚指輪はとても重要な意味を持つアイテムであり、どんなものを用意するのか慎重になる部分も多いと思います。
結婚指輪は愛を誓い合った証となるものですし、カップルにとっては気合いを入れて選びたいと思うのも無理はありません。

これまで、結婚指輪と言えば高級ブランドショップで既製品を購入するのがスタンダードだとされてきましたが、近年はその傾向が少し変わりつつあって、自分たちも作業工程に加わった手作り指輪を用意したいと考えるカップルが増えてきているそうです。
高級ブランドショップで販売されている既製品も職人が手を加えた言わば手作り指輪になるのですが、既製品の場合はすで金属や石、デザインも決まっている状態なのでそこに物足りなさを感じるのでしょう。

それでは、自分たちの手を加えて作れる手作り指輪を用意するためにはどんな手段があるのでしょうか?
ここからは手作り指輪を作るための手段を紹介しますので、これから結婚指輪を作りたいと考えているカップルの方は参考にしてほしいと思います。

まずひとつめにあげられるのがオーダーメイドという方法で、オーダーメイドはあらかじめどんな金属を使うのか、どんな石を入れてデザインはどうするのかを決めていきます。
使うことができる金属や石はお店によって異なりますし、デザインのバリエーションや加工法もお店によって差がありますので、あらかじめ確認しておいたほうが良いかもしれません。

オーダーメイドと聞くと高級ブランドショップが頭に浮かびますが、もちろん高級ブランドショップでも可能ですし、オーダーメイドを専門にしているお店もありますのでどれくらい予算があるかによって決めてください。
高級ブランドショップでオーダーメイドする場合は一流の職人がしっかり手作業で作り上げてくれますし、高級ブランドの名前が入る分指輪そのものに箔が付きます。
もともと好きなブランドがあるなら結婚を機にそういったものを用意するのも特別な感じがしますし、満足できるものが作れると思います。

しかし、高級ブランドショップでオーダーメイドする場合は直接自分たちの手を加えて作るのではなく、決められるのは金属や石、加工法やデザインまでで、ここを打ち合わせの段階で決めた後は出来上がりまでブランド側に任せることになります。
ですから、自分たちの手を加えた手作り指輪を用意したいというのであれば、やや目的とずれてしまいますので満足できないかもしれません。

さらに高級ブランドショップでオーダーメイドするとなると気になるのが値段で、これは既製品を買うよりも高くなってしまうのは間違いありません。
一般的に高級ブランドショップで指輪を用意する場合、15万円から30万円程度が相場だと言われていますから、その額は20代~30代の若い世代の給料1ヶ月分相当になります。
ひと昔前までは給料の3ヶ月分の指輪を用意するのがステータスとなっていた時代もありましたが、現代の若い世代は見栄を張るよりも無理をせずに現実的な値段のものを用意して、ほかにお金をかけたい部分にも回すというカップルが多いです。

そう言った意味で今とても注目されているのが専門の工房を利用した指輪づくりで、これは自分たちも実際に作業工程に参加できるだけでなく本格的な手作り指輪を低コストで作成することができます。
なぜ低コストで作れるかというと、単純にブランド料がかからないこと、さらに自前の工房で作るので作成コスト自体がそれほど高くないからです。

専門の工房って言ってもクオリティは高級ブランドショップのものには負けるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そういったところでは金やプラチナなどを使った本格的な手作り指輪が作れるところも多く、仕上がりは高級ブランド顔負けだそうです。
コストも安いところだと3万円~5万円程度でできますし、デザインにこだわったとしても10万円あればかなり良い手作り指輪が作れるはずです。

またメリットはそれだけではなく、一緒に作ったということも後々大きな思い出となって残ります。
結婚指輪の場合、日常的に身に付けることも多いですから、その指輪を見る度に一緒に作業をして作り上げたことを思い出すでしょうし、そのことについてふとしたときに語り合えます。
何気ないことかもしれませんが、そういった時間はある程度年齢を重ねるとより重みのある時間だったと実感できますし、その都度愛情を再確認できるでしょう。

もちろん高級ブランドショップでオーダーメイドしたものも、素晴らしいものですし手作り指輪としてのクオリティはとても高いものがありますから、この点は二人でよく話し合って決めてください。
インターネット上にも結婚関連のサイトや結婚指輪に関するサイトが数多くありますので、そういったサイトから必要になりそうな情報を調べてみるといいかもしれません。
自分自身の力で結婚指輪などを手作りする方法も悪くないです。
手作り指輪工房はこちら→手作り 指輪

新着情報

結婚指輪購入口コミ「シルバーとゴールドで木目調」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

1

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

189,000(税込)/1人

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ネットで色々調べて、気になるブランドを2~3つに絞ってから、百貨店に行きました。

そこで実際に見てみたり、指につけてみたりして、一番二人ともしっくりきたものに決めました。

デザイン面では、シンプルで、太めのものを探していたので、それにピッタリ当てはまりました。

形はシンプルですが、シルバーとゴールドで木目調になっていて、和っぽいところがとても気に入っています。

予算面は、かなりオーバーしていたので、そこは悩みましたが、本当に二人ともがしっくりきていたので、大奮発しました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「シルバーとゴールドで木目調」』

結婚指輪購入口コミ「シルバーの色の美しさがこのティファニーの魅力」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

40代

3. 現在、結婚何年目ですか?

5

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

24180円、24200円です。

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ティファニーの指輪にしたくてそこでこの比較的安価なものにしました。

そうというのもあまり毎日つけるものではなく、旦那様が医療系の仕事で指輪をはめることができないのでお休みの日だけ付けることを考えてこの値段にしました。

休日にこの指輪をするのですが、ティファニーの綺麗な文字が光輝いていて美しいです。

毎日はめないのでとても綺麗に汚れも比較的つきにくいです。

それにたまにはめるので新たな気持ちでそうだ伴侶がいるのだと認識出来ていいです。

デザインもスタイリッシュで大好きです。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「シルバーの色の美しさがこのティファニーの魅力」』

結婚指輪購入口コミ「結婚指輪の内側に入籍日やイニシャルを刻印してくれる」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

20代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

本人15万円、配偶者15万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

デザインがシンプルで定番だったため、年齢を重ねてもずっとつけられることがポイントでした。

特に小さなダイヤのついた結婚指輪も非常にかわいく心惹かれましたが、毎日つけているうちに傷ついてしまったりとれてしまうことがあると友人から聞いていたので、このようなシンプルなデザインを選びました。

またティファニーが好きだったため、ティファニーの中で2人で30万以内くらいのものという予算面でも合致したため、購入に至りました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「結婚指輪の内側に入籍日やイニシャルを刻印してくれる」』

結婚指輪購入口コミ「必ず婚約指輪とセットでつけたかった」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚3年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

夫:9.5万円 妻:10.1万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

夫が婚約指輪をアイプリモでサプライズで用意してくれていました。

結婚式に関わる仕事をお互いしていたので、いくつかのブランドは知っており一番好みと近かったのとブランドへの安心感からこちらを選んだそうです。

その為、結婚指輪も同じブランドで一緒に選ぼうとなりました。

ブランドは決まっていたので、店頭へ行きデザインを選びました。

たくさんご紹介いただき迷いましたが、デザイン重視で決定しました。

少し予算はオーバーしてしまいましたが、婚約指輪との相性もばっちりでした。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「必ず婚約指輪とセットでつけたかった」』

結婚指輪をペンダントにする

結婚指輪は常に身に着けておかなければいけない?

一般的に結婚指輪と言えば日常的に身に着けておくものというイメージがあるかもしれませんが、様々な事情によってそれが難しいケースもあります。

たとえば仕事の関係でアクセサリーを身に着けられない場合、仕事の時間だけ外しておかなければなりません。

なくしてしまうといけないので購入したけど普段は身に着けずにしまっているという人も多いみたいです。

絶対に身に着けておかなければならないという決まりがあるわけではありませんが、中には本当は身に着けておきたいと考えている人もいるでしょう。

≫ 『結婚指輪をペンダントにする』